地域防災Web

アピールポイント

九州地方において過去に発生した豪雨に関して、高精度化した1分毎250m間隔の雨量情報を取得出来る。

要旨

国交省XRAINと気象庁レーダの雨量情報を合成して1分毎250m間隔の雨量情報を精緻に作成する手法を開発した。
旧来の手法では高降雨帯の裏の地域の雨量に誤差が大きかったが、本手法ではそういった地域の情報を高精度化でき、より正確な大雨時の情報を精緻に残すことが可能となった。
本データーベースはその解析データを蓄積している。
リアルタイム情報ではなく大雨時の学術記録情報となり、災害履歴そのものとしての研究用途や自治体の防災対策の根拠として自治体担当者の利用等を想定している。

利用方法

アクセス情報のリンクから当該サイトにいく。(現在は非公開)

このデータベースの実践事例

なし

データベースに関する資料

なし

(南九州地方における)ゲリラ豪雨データベース

概要

ID データベース00001041
データベースタイトル (南九州地方における)ゲリラ豪雨データベース
所属課題タイトル
所属手法タイトル なし
アピールポイント

九州地方において過去に発生した豪雨に関して、高精度化した1分毎250m間隔の雨量情報を取得出来る。

開発者
名前など 地域防災Web researchmap J-GLOBAL 連絡
鹿児島大学地域防災教育研究センター 特任教授 真木雅之
要旨

国交省XRAINと気象庁レーダの雨量情報を合成して1分毎250m間隔の雨量情報を精緻に作成する手法を開発した。
旧来の手法では高降雨帯の裏の地域の雨量に誤差が大きかったが、本手法ではそういった地域の情報を高精度化でき、より正確な大雨時の情報を精緻に残すことが可能となった。
本データーベースはその解析データを蓄積している。
リアルタイム情報ではなく大雨時の学術記録情報となり、災害履歴そのものとしての研究用途や自治体の防災対策の根拠として自治体担当者の利用等を想定している。

キーワード
レーダ, 豪雨, 水害, 土砂災害, 集中豪雨, 局地的大雨
注意点・利用できる条件
なし

詳細

目次
  1. データベース内容
  2. 必須・有用な知識・技術者・法令
  3. データベース導入手続き
  4. データベースの属性
データベース内容
データベース内容

本データベースではリアルタイムのXRAIN情報で誤差がを生じる箇所について補正を行い蓄積していくものである。主に九州地方の豪雨情報が蓄積されている。

2013年9月の九州北部豪雨事例他2例程度を格納(2015/10現在)しているが、適宜データを追加していく。

 

必須・有用な知識・技術者・法令
必須知識
なし
有用知識
なし
必須技術・ツール
なし
有用技術・ツール
なし
必須人材・人員
なし
有用人材・人員
なし
データベース導入手続き
必要コスト

閲覧利用のみであれば無料。

利用方法

アクセス情報のリンクから当該サイトにいく。(現在は非公開)

URL
なし
データベースの属性
活用主体
対象ハザード
リスク対象
A:人間群
B:建造物・インフラ群
C:産業群
対象自然環境
対象社会環境
災害対応局面
対象地域
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
関連プロジェクト
地域防災対策支援研究プロジェクト
関連文献
なし
関連コンテンツ なし
入力者 地域防災Web運営事務局
メモ
なし

このデータベースが実践できる実践技術者・研究者

実践技術者・研究者 なし
コメント