地域防災Web

東日本大震災時の福島県矢吹町と東京都三鷹市による受援・支援事例における課題・教訓

対象

技術・システム

概要

ID 実践事例(技術・システム)00001159
実践事例タイトル 東日本大震災時の福島県矢吹町と東京都三鷹市による受援・支援事例における課題・教訓
所属課題タイトル なし
所属手法タイトル なし
アピールポイント

「支援する側」と「支援を受ける側」の両者の視点からの課題の分析を踏まえ、地域防災計画等の見直しや災害対応の再構築を図るための論点を整理した。

実践者(担当者)
名前など 地域防災Web 連絡
東京大学生産技術研究所 都市基盤安全工学国際研究センター  沼田 宗純
要旨(何を行ったのか)

東日本大震災時の福島県矢吹町と東京都三鷹市による受援・支援の応援態勢の課題や教訓を整理した。

キーワード
地域防災計画,受援計画,広域応援
実践背景(なぜ行ったのか)

広域災害時の自治体間の支援・受援に関する課題を解決するため、統一的な災害対応業務の標準化や相互間連携地域防災計画などの考え方があるが、実効性を伴う段階には至っていない。

得られた効果

・平時からの関係の構築が効果的な支援に繋がり、支援の内容の多くは事前の検討でパターン化が可能であることがわかった。
・支援を効果的に行うための受け入れ体制作りも重要であることがわかった。
・地域防災計画において、応援を受ける業務やその主体について業務別または主体別に内容を把握する仕掛けが必要であることがわかった。

工夫した点
なし
苦労した点
なし
注意点・利用できる条件
なし

詳細

目次
  1. 実践内容
  2. 必須・有用な知識・技術者・法令
  3. 手法導入手続き
  4. 実践事例の属性
実践内容
実践内容

・この調査で、受援計画、支援計画のそれぞれについて事前の計画としては以下のような事項が必要であることがわかった。

 

【受援計画の課題】
・物的支援・人的支援共に、具体的な受援リストを作成することが必要。
・人的支援は、どの用務に対して支援を受けるかをできるだけ明確にしておくことが重要。
・受援対象業務を抽出しておくことが必要。
・人的支援を受ける場合の宿泊先の確保、支援業務をレクチャーする人員の確保、活動資機材の確保を計画しておくことが必要。

 

【支援計画の課題】
・物的支援に関しては、送付予定の物資の備蓄、輸送方法、輸送路確保について、事前に計画しておくことが必要。
・人的支援に関しては、支援対象業務をある程度想定し、業務フローを作成しておくことが必要。

必須・有用な知識・技術者・法令
使った知識
なし
使った技術・ツール

ヒアリング調査技法

使ったデータ
なし
関わった人材・人員
福島県矢吹町職員(受援側) 東京都三鷹市職員(支援側)
関連法令
なし
手法導入手続き
①予算要求書の策定
要求額
なし
実践期間
なし
国や都道府県の方針
なし
補助金情報
国 ・ 県 なし
地方債 なし
その他 なし
注意点
なし
②仕様書の作成・調達手続き
調達内容
なし
注意点
なし
③導入確定及び導入準備
契約額
なし
導入のための標準的な手順と工程表
なし
注意点
なし
④導入及び定着 もっとよくするには なし
注意点 なし
実践事例の属性
企画する主体
対象ハザード
リスク対象
A:人間群
B:建造物・インフラ群
C:産業群
対象自然環境
対象社会環境
災害対応局面
実践地域
福島県
矢吹町
東京都
三鷹市
関連プロジェクト
なし
関連文献
なし
関連コンテンツ なし
入力者 地域防災Web運営事務局
メモ
なし
コメント