地域防災Web

事務局からのお知らせ

「地域防災Web」は、地域の防災対策の実施主体となる自治体の防災担当者や地域防災リーダーが、防災対策を実施する手法や他地域で行われた事例を、自然特性、社会特性、災害の危険性などの地域特性に応じて得られるようにしております。この度、その効果を検証するため、実証実験を実施することと致しました。ぜひ、アカウントを作成いただき、地域防災の取り組みに活かしていただけますと幸いです。
バナー

コンテンツ

手法
手法

フェーズドアレイ気象レーダを用いたゲリラ豪雨(局地的大雨)の発生予測システム (閲覧数:635)

検索結果の画像
開発者
大阪大学大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 准教授 牛尾 知雄
企画する主体
自治体
要旨

フェーズドアレイ気象レーダによるゲリラ豪雨(局地的大雨)の観測および予測システムにより、降る時間・場所・降雨量について、地域(自治体)単位の30~60分先の予測及び内容の通知が可能となる。

キーワード
ゲリラ豪雨, 局地的大雨, レーダ, 気象, 避難, 内水はん濫, 洪水, アンダーパス, 下水道, 土砂災害
課題
2
実践事例
1
精通した実践技術者の人数
1
コメント数
0

手法

「地域防災支援技術パッケージ」を活用した「地域が進める防災まちづくり」の標準プログラム (閲覧数:480)

検索結果の画像
開発者
東京大学生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センター 准教授 加藤孝明
企画する主体
地域住民, 自治体
要旨

・自然災害リスクの正しい認識に基づき、地域社会の自律的な防災まちづくりの取り組みを促進するための標準プログラム「地域防災支援技術パッケージ」を開発した。
・防災まちづくりの実践をフェーズに分けて、その方法論やツールを組み合わせたものであり、地域社会が総合的な防災まちづくりを自律的に進めることを支援する。

キーワード
地域防災, 防災もまちづくり, 内発性, 総合性, 自立発展性, 持続性, コミュニティ, 行政横断, 町会, 自治会, 民生委員, 中学校, 教育委員会, 都市整備, 福祉, 危機管理, 学校教育, 生涯学習, 消防, 防災リーダー, ICTツール, ハザードマップ, スマホ, パソコン, ワークショップ, ファシリテーター, 地域リーダー
課題
2
実践事例
2
精通した実践技術者の人数
0
コメント数
0
実践事例
実践事例

大阪市福島区におけるゲリラ豪雨(局地的大雨)の発生予測システムの構築 (閲覧数:214)

検索結果の画像
実践者
大阪市福島区
企画する主体
自治体
要旨

フェーズドアレイ気象レーダの観測データ処理及び予測システムを開発、ゲリラ豪雨(局地的大雨)が降る時間・場所・降雨量について、区単位の30~60分先までの予測を行い、結果を市民へメール配信するシステムを開発した。

所属手法
フェーズドアレイ気象レーダを用いたゲリラ豪雨(局地的大雨)の発生予測システム
課題
2
手法
1

実践事例

「地域の防災人材発掘・絆づくりによる防災・減災対策」田原市ワークショップ (閲覧数:162)

検索結果の画像
実践者
田原市役所
企画する主体
自治体, 地域住民
要旨

大学等における様々な防災に関する研究成果を活用しつつ、地域防災力の現状を把握するとともに、WSの開催やその準備過程を通じて、新たな防災人材の発掘や地域住民の防災意識の向上を図った。

所属手法
地域の防災人材発掘・絆づくりによる防災・減災対策 -地域力向上による減災ルネサンス-
課題
2
手法
1
調査

表示する調査はありません

データベース
データベース

山口県における潮汐画像データベース (閲覧数:85)

検索結果の画像
開発者
山口大学農学部生物生産科学講座 教授 山本 晴彦
要旨

風水害の中でも高潮災害を対象に、山口湾における潮汐の変化を可視化(見える化)することを目的に、山口市秋穂二島にフィールドサーバーを設置し、リアルタイムで潮汐の監視を行っている。

 

課題
1
精通した実践技術者の人数
0
コメント数
0

データベース

西日本地区を中心とした気象災害画像データベース (閲覧数:78)

検索結果の画像
開発者
山口大学農学部生物生産科学講座 教授 山本 晴彦
要旨

本データベースは、「農業気象画像データベース」を基盤に,理工学領域(土木学,水工学,建築防災学,防災工学等)への拡張と,北海道から沖縄,海外(中国・台湾・韓国等)に至る気象災害研究者のデータ提供・監修等の協力を得て,新たに1,200件の画像データを追加し,英語版の機能も付加している。

課題
1
精通した実践技術者の人数
0
コメント数
0
課題
課題

職員の災害に関する意識が希薄である (閲覧数:128)

検索結果の画像
課題主体
自治体
要旨
職員の意識が低い。防災担当課や一部の意識の高い職員のみでかろうじて維持できているような印象がある。
手法
0
実践事例
0

課題

いつどこで災害が発生するかわからず対策が遅れる (閲覧数:97)

検索結果の画像
課題主体
地域住民, 自治体
要旨

いつどこで災害が発生するかわからず対策が遅れる

手法
8
実践事例
3

防災知恵袋 閲覧の多い質問

防災知恵袋

 四万十町は南海トラフ地震に備えて避難所運営マニュアルの策定を進めてお… (閲覧数:90)

回答の有無
回答受付中
質問の状態
未解決

防災知恵袋

知恵袋「能登川地区の世帯数は、8,000世帯程度のはずだが、4,876… (閲覧数:89)

回答の有無
回答受付中
質問の状態
未解決

表示する質問はありません